WordPress Google AdSense 導入

WordPressに移行後、
Google AdSense導入についてまとめました。

前回の記事

Google AdSense導入

プラグイン等で簡単に導入できるものもあるが、
自分で調べたところ、そういったものよりは
アドセンス側で用意されたスクリプトを
単純にテキストウィジェットに貼り付けるのが1番楽そうだった。

また、記事文中に広告を挿入するため、
PHPコードを埋め込む手順も共有する。

広告ユニットの作成

Google アドセンスの画面で広告ユニットを作成する。
作成する広告ユニットは、わかりやすい名前を付けておくと、
後でユニット別のインプレッションや、クリック数が確認しやすい。

広告のサイズはレスポンシブにしておくと何も考えなくても良いと思います。

コード取得で、スクリプトをコピーする。

テキストウィジェットで貼り付ける

テキスト、HTMLを直接記載できるテキストウィジェットという箇所に、
先ほどコピーした広告ユニットのコードを貼り付けます。

サイドバーと、フッターくらいに設置しておくのが良いんじゃないでしょうか。

ヘッダにも付けれますが、ヘッダに付けると
SEOに悪影響があるという記事を何処かでみたような気がします。
(気のせいだったらごめんなさい)

記事文中に広告を埋め込む

広告ユニットを配置するのに効果的な位置は
記事本文中と、記事本文の最後の方です。

記事本文に、自動で広告ユニットを挿入するには、WordPressのfilter機能(PHPで記述)を使う。

PHPコードを記載するのは、Code Snippetsというプラグインを利用すると、コードの管理がしやすいです。

記述するコードは下記のような感じ。
最初のH2タグ前と、記事本文の最後に広告ユニットのコードを追加するようにしています。

function filter_adsense($the_content) {
    // TOPページでは何もしない。
    if (!is_single()) {
        return $the_content;
    }

    // H2ヘッダがない場合、何もしない。
    $h2 = '/<h2.*?>/i';
    if (!preg_match( $h2, $the_content, $h2s )) {
        return $the_content;
    }

    $ads1 = <<<EOF
TODO: ここにアドセンス広告1のコードを貼り付け
EOF;

    $ads2 = <<<EOF
TODO: ここにアドセンス広告2のコードを貼り付け
EOF;

    //最初のH2前に挿入と、末尾に追記
    return preg_replace($h2, $ads1 . $h2s[0], $the_content, 1) . $ads2;
}

// フィルター処理を追加
add_filter('the_content','filter_adsense');

おしまい

WordPressはSEO的にも、良いそうなので
今後の収益に期待したい。

コメントを残す