WindowsServerコンテナとは (docker)

dockerコンテナには、
WindowsServerコンテナというのがあるようです。

Windows Serverコンテナ

Docker Hub で以下の2つが提供されています。

  • microsoft/nanoserver
  • microsoft/windowsservercore

nanoserverが最小構成で300MBくらいだそうで、
windowsservercoreが4GBくらいあるみたい。

microsoft/nanoserver

Docker Hub: microsoft/nanoserver

Windows Server を最適化して最小限にパッケージしたもの。
GUIはもちろん無いので、リモートログインして使うのみ。

microsoft/windowsservercore

Docker Hub: microsoft/windowsservercore

Windows Server をコンテナ化したもので、もちろんGUIは含んでいないイメージ。
イメージサイズが4GBもあります。

Windowsホストでしか利用できない。

何かしらのビルドタスクとかを、windowsで実行したいとして、
このwindowsコンテナを利用して実行できたらいいな〜と思ってたんですが、
Mac, Linuxホスト上では、windowsコンテナは残念ながら動作しないです。。

Macで docker pull してみる

$ docker pull microsoft/windowsservercore
Using default tag: latest
latest: Pulling from microsoft/windowsservercore
3889bb8d808b: Pulling fs layer
8f3369c32b2e: Pulling fs layer
image operating system "windows" cannot be used on this platform

image operating system “windows” cannot be used on this platform

ホストがwindowsじゃないと使えないコンテナです。

macやLinuxにコンテナ入れれるのかなと思ったけど、
やっぱり無理なんすね・・笑

参考URL

コメントを残す